ココハドコだ?

なんてところに建てたんですか!

崖ですよ、崖。

実は、写真には写っていませんが、30メートル下は海です。

屋根の上には、岩が覆いかぶさっています。

いったい、ココハドコでしょう。

少し離れてみました。

右上に灯台が写っていますね。

そう、ココハ、南伊豆町石廊崎の先端にある、伊豆七不思議のひとつ「石室神社」です。

ココハドコだ?

写真の真ん中にある筋がわかりますか?

なんと、岩を貫くマグマの通り道の跡です。

周辺の岩は、熱で変色し、黄白色になっています。

ココハ、南伊豆町伊浜にある「蛇登り」と呼ばれる場所です。

ココハドコだ?

先ほどの「蛇登り」と同じく、岩を貫いています。

これもマグマの通り道の跡で、南伊豆町子浦にある「蛇下り」です。

そーいえば、南伊豆町蛇石には、その名も「蛇石」と呼ばれる蛇の頭の形をした岩があります。

南伊豆町の地下は、大蛇でできているのでしょうか?

Geo Kayak(ジオカヤック)

今回の「ココハドコだ?」でご紹介した景色は、陸地から見ることはできません。(蛇石を除く。)

伊浜や妻良は、遊覧船のようなものも運航していません。

そこで

Geo Kayak!

ジオガイドの資格を持つインストラクターによる、カヤックでのジオツアーがあります。

シーカヤックと普段は見ることができない雄大な景色の両方楽しめますよ。

興味のある方は、南伊豆町商工観光課(0558-62-6300)又は南伊豆町観光協会(0558-62-0141)までお問い合わせください。

次回につづく・・・かも

南伊豆町には、まだまだご覧いただきたいジオサイトがあります。

「タイムマシンの入口」なんて呼ばれている場所もありますので、また、次の機会に紹介させていただきます。

人気の投稿

オフィシャルスポンサー